>

リフォームをする前にしておくべきこと

我が家の情報を知ろう!

まずは自分たちの住んでいる家の情報を知ることです。

リフォームする上で一番重要なのは築数年やリフォーム歴です。
設備交換やメンテナンス時期を知ることができる重要なことなので必ず確認しておきましょう。

増築を考えている方は自分たちの家の延べ床面積、敷地面積を確認しておきましょう。
一戸建て住宅に住んでいる方は建ぺい率、容積率も確認しておきましょう。
これらは自分たちが家を購入した際に家に保管するように言われた詳細があると思います。
それにある程度のことは書いてありますので、確認しておきましょう。
増築したくても建築基準法に引っかかってしまうこともあるので、しっかりとメモしておくといいでしょう。
また、建築図面や仕様書などをお持ちの場合は必ずリフォーム業者にもっていきましょう。
これらがあると、増築する場所が構造上問題ないかわかるのであると業者側もかなり便利だと思います。

今の悩み、不安はどこ?

リフォームしたい場所が決まっている方も多いと思いますが、この機会に家全体の状況把握をしてみましょう。
例えばキッチンのどこが不満で、どこが使いにくいのか。
細かく確認していきましょう。

浴室や水回りはカビや水垢が目立ちます。
そこは大丈夫ですか?
また、収納スペースが狭いと感じたことはないですか?
冬場がやけに寒いと感じたことはないですか?
自分だけでなく家族にも聞いてみましょう。

内装、外装のチェックも忘れずに行いましょう。
子どもがいたずらした壁の汚れはないですか?
雨水で汚れた外壁はどうですか?
窓の結露は大丈夫?
防犯性は大丈夫?
なども細かく確認しておきましょう。

各部屋の明るさや、段差が危ないと感じた個所はないですか?
また物置部屋になってしまっている使っていない部屋はありませんか?

家の隅々まで確認することで、より明確にどこを改善したいかが見えてくると思います。
家族で1つ1つ確認事項をこなしておきましょう。


この記事をシェアする