リフォームをする前にしておくべきこと

今の住んでいる家が使いにくい、きれいにしたいと思ってリフォームする方が大半だと思います。 リフォームしたいと思っていても何から手をつければいいかいまいちわかりませんよね。 まずは、今の住まい状況を確認してみましょう。 現状把握することで見落としがないか、今一度確認してみましょう。

リフォームの優先順位を決めておこう

自分たちの家情報や住まい状況を隅々まで知れたところで、次は「優先順位」を決めていきましょう。 あれもこれもと家の悩みが増えたかも知れません。 なので、まずはじめにどこをリフォームするのか。 どうやったら使いやすくなるのか。 悩みの解決策を提案しましょう。

予算は大丈夫?

リフォームの優先順位が決まったので、最後は予算確認です。 優先順位のどこまで実行できるのか確認しておきましょう。 また、より希望に合ったリフォームを行うためにも情報収集もしておきましょう。 そうすることでかなり予算が決めやすくなります。 ぜひ、家族とお財布と相談しながら決めていきましょう。

今の住まい状況をもう1度確認しておこう!

キッチンを新しくしたい!
結婚して子どもができ、子ども部屋を作りたい!
祖父母の家に住むことになったので新しくしたい!
などリフォームをすることを考える理由はさまざまあると思います。
そこで、リフォーム業者に頼む際に希望する内容をまとめておくことをお勧めします。

なぜ、希望する内容を決めておくべきなのでしょうか。
メリットはこちら
1 無駄な手間が減る
2 無駄な出費にならずに済む

1「無駄な手間が減る」
リフォームをする際にまずは家の建築基準法に元基づいた確認をしなくてはなりません。
建築面積、建ぺい率、容積率など。
「そんなのわからないよ」と思う方が多いと思います。
ですが、家を購入した際に家に保管するように言われた詳細があると思います。
この機会に探してみてください。そこに前述した内容が必ず書いてあります。
そしてメモしておきましょう。
また、建築図面や仕様書も一緒にあるとかなり便利です。
これらを準備しておくだけで、だいぶリフォームの手続きがスムーズに進みます。

2「無駄な出費にならずに済む」
リフォームしようと思ったとき、あれもこれもとなっていませんか。
もしかしたら、無駄な出費になるかもしれませんよ?
そうならないためにも、事前に予算希望を確認しておきましょう。
家の経済面的にもしっかりと家族会議をし、いま最善で必要なことだけをしましょう。
そして、将来的にリフォーム計画を立てるのもいいでしょう。

以上のメリットからみて、リフォームがよりスムーズにかつ無駄な行動にならないように事前に準備しておきましょう。
そして、このサイトでは希望を決めておくべきことをより詳しく紹介しています。
ぜひ、リフォームしようと思っている方に必見ですので参考にしてみてはいかがでしょうか。